褥瘡対策委員会及び感染症対策委員会を開催しました。

日時:平成28年6月28日(火)18:00~19:00

場所:田上記念病院 リハビリ室

 

褥瘡対策委員会

講師:栄養科 久保主任(管理栄養士)

テーマ:褥瘡の栄養管理

①    褥瘡患者栄養管理

②    褥瘡発生の危険因子

③    褥瘡予防への栄養介入

 

褥瘡委員会では、これまで褥瘡に関する基礎知識やポジショニングについて勉強会を開催してきました。

今回は、「褥瘡の栄養管理」というテーマで褥瘡患者に必要な栄養や補給量、褥瘡発生の危険因子「低栄養状態」

を確認するための指標を研修しました。

褥瘡は一度作ると治癒に困難を来します。褥瘡予防のための全職員が情報共有し、対策に取り組んでいきます。

IMG_0825.jpg

 

 IMG_0824.jpgIMG_0823.jpg                                                                                                    文責:久保

 

感染対策委員会

 

講師:リハビリテーション課 持増主任(言語聴覚士)

テーマ:高齢者の誤嚥性肺炎について

内容

①    高齢者誤嚥性肺炎の発生機序

②    不顕性誤嚥のメカニズム

③    口腔内細菌の危険性と誤嚥性肺炎

④    口腔ケアによる誤嚥性肺炎の予防とさまざまな効果

 

高齢者肺炎の発症に重要な不顕性誤嚥(夜間にムセなく誤嚥する状況)

のメカニズムや誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアが重要である事を学びました。

年々、増加傾向による高齢者肺炎ですが、当院でも不顕性誤嚥を最小限に抑えるために

看護・介護者の細かい観察や日常的な口腔ケア、胃・食道からの逆流防止のための就寝時

ベットギャッジアップに努めていきます。

IMG_0826.jpg

 

                                        IMG_0828.jpg

IMG_0831.jpg

     文責:持増