AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)

AICSとは

 血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんである可能性を評価する検査です。早期のがんにも対応しています。

AICSの検査方法

 1回の採血(5ml程度)の採血により現在がんである可能性を評価します。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)の対象

検査項目 評価項目 評価内容 対象年齢
男性AICS 男性AICS
(5種)
現在がんである可能性
対象となるがん種
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立 腺がん
25~90歳
(前立腺がんは40~90歳)
女性AICS 女性AICS
(6種)
現在がんである可能性
対象となるがん種
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳が ん、子宮がん・卵巣がん
25~90歳
(子宮がん・卵巣がんは20~80歳)

 子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんである可能性について評価することができますが、それぞれのがんの可能性について区別することはできません。

AICSの報告内容

 AICSは、それぞれのがんについて、現在がんである可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。数値が高いほど、現在がんである可能性が高くなります。現在がんである可能性を判断する目安として、A、B、Cの3つのランクに分類しています。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0
  低い がんである可能性 高い

AICSでは、ランクA→ランクB→ランクCの順番で現在がんである可能性が高くなります。

各ランクについて

 この検査は、現在がんである可能性を評価する検査で、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。現在がんである可能性が0の人はいませんので、「ランクA」でも、がんでないとは言いきれませんし、「ランクB」や「ランクC」であっても、必ずがんであるということではありません。また、血液中のアミノ酸濃度は、さまざまな原因で変化しますので、がん以外の病気でもAICS値が高くなり、「ランクB」や「ランクC」になる場合があります。

AICSの検査結果の判断について

 AICSはその他の検査結果とともに総合的に判断されるものです。現在がんである可能性に対する考え方や感じ方は個人により異なりますので、本検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、医師にご相談ください。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)の検査前の注意事項

  • 検査前の8時間は水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。検査前日の夕食も、肉、魚などの高たんぱく質の食事は摂りすぎないようにしてください。
  • 正しい検査結果を得るために、検査当日朝の運動はお控えください。
  • 薬剤のAICS値への影響に関しては分かっておりません。検査当日のお薬の服用方法については、事前に主治医または健診施設にご相談の上、その指示に従ってください。
受診対象外 検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、検査結果に影響がありますので検査は受けられません。

検査費用 25,000円(税別)

お問い合わせ先

 099-282-0051(代表)

月曜日~金曜日
受付時間:午前9時30分 ~ 午後4時30分

(担当:丸田 純・馬場 拓朗)