呼吸器内科

診療科紹介

 呼吸器内科は、咳、痰、血痰、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状をきたす肺や気管支の病気を診断、治療する診療科です。代表的な病気としては呼吸器感染症、気管支喘息、間質性肺炎、肺癌、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性呼吸不全などがあげられます。呼吸器症状がある方や胸部X線写真で異常を指摘された方など、これらに思い当たることがあれば、呼吸器内科へご相談ください。

呼吸器内科の対象となる主な疾患

  • 呼吸器感染症
    呼吸器は外からの病原菌が常に入り込む器管です。病原菌の侵入を防ぐために咳、痰の排出、繊毛運動などの防御機構も発達していますが、呼吸器感染症は、病原菌が防御機構を乗り越えて気道から体内に浸入し、増殖して炎症をおこし、咳、痰、発熱、胸痛、呼吸困難などの症状を生じる病気のことをいいます。
  • 気管支喘息
    気管支喘息(喘息)は空気の通り道(気道)に炎症(ボヤ)が続き、さまざまな刺激に気道が敏感になって発作的に気道が狭くなる(大火事)ことを繰り返す病気です。発作的に咳や痰が出て、ゼーゼー、ヒューヒューという音を伴って息苦しくなります(喘息発作と呼びます)。夜間や早朝に出やすいのが特徴です。
  • 間質性肺炎
    間質性肺炎は、肺胞の壁に炎症や損傷が起こり、壁が厚く硬くなるため(線維化)、酸素を取り込みにくくなる病気です。初期には無症状のことが多く、病状がある程度進行してくると動いた時の息切れや痰を伴わないせきを自覚します。
  • 肺がん
    肺がんは、肺に発生する悪性腫瘍で肺そのものから発生したものを原発性肺がんといい、通常肺がんといえば原発性肺がんを指します。一方、他の臓器から発生し、肺に転移したものを転移性肺がん、または、肺転移と呼びます。基本的にがんの性質は、どの臓器から発生したかで決まります。肺がんは、早期であれば手術が最も治癒の期待できる治療法ですが、発見された時には進行している場合が多く、手術のほかに放射線治療や抗がん剤治療、さらにこれらを組み合わせた治療が選択されます。全身のがんの中では、最も治療が難しいがんの一つです。
  • COPD
    慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。歩行時や階段昇降など、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせきやたんが特徴的な症状です。一部では、喘鳴や発作性呼吸困難などぜんそくの様な症状を合併する場合もあります。
  • 慢性呼吸不全
    大気中から酸素を体に取り入れて、体内でできた炭酸ガスを体外に放出するという肺の本来の働きを果たせなくなった状態を呼吸不全と呼びます。低酸素血症による息切れ(呼吸困難感)が主な症状です。軽症の場合は坂道や階段でのみ息切れ(労作時呼吸困難)を自覚します。重症になると身の回りのことをするだけで息切れを感じて、日常生活が困難になります。

外来担当表

午前
午後 佃屋剛

医師紹介

田上記念病院 医師
佃屋 剛

日本呼吸器学会 専門医/日本呼吸器学会 指導医/日本睡眠学会 専門医/日本集中治療医学会 専門医/医学博士/日本内科学会 認定医/日本呼吸器学会 会員/日本内科学会 会員/日本肺癌学会 会員/日本睡眠学会 会員/日本救急医学会 会員/日本集中治療医学会 会員/日本感染症学会 会員

専門分野:呼吸器内科・内科・睡眠医療・集中治療
出身大学:島根医科大学

これまで呼吸器内科を中心に内科、救急、集中治療をやってきました。集中治療による全身管理の観点に患者様の背景も含めた全人的医療を提供できるように努めていきたいと思っています。