地域連携室

地域連携室紹介

 地域連携室では、地域のさまざまな福祉サービスや医療との連携を大切にし、患者様と医療機関の架け橋として、業務を行っています。 地域の医療機関と連携を図りながら、患者様へより良い医療と福祉の提供を行うことで患者様・ご家族の満足度向上につなげていきたいと考えています。

 前方支援として急性期病院からの入院受け入れ、医療療養病棟、回復期病棟、介護病棟にスムーズな受け入れができるよう調整をしています。 また、後方支援としては在宅、施設などと連携をとり、在宅復帰への働きかけを行い患者様のQOLの向上に努めています。

 今後も、患者様、地域のニーズに応えるべく前方、後方支援がとれる連携室を目指します。

地域連携業務

  1. 紹介入院の受付
     入院希望の患者様の入院に関する受付・ご案内を行っております。 電話相談後、診療情報提供書の確認、ご家族との面談を行い受入れについて関係部署で検討後、ご連絡させて頂きます。
  2. 地域医療機関などとの連携
     かかりつけ医、地域医療機関や介護福祉施設などを定期的に訪問させて頂き、 連携の強化を図っています。 患者様の退院時には、できる限り患者様・ご家族さまの希望に沿うように受入先などとの調整を行っています。
  3. 地域連携パスの運用
     ご紹介頂いた患者様の発症後の入院治療からリハビリ・在宅療養における治療ケアを提供する全ての関係機関で情報共有することで治療の効率化と患者様の安心を確保しています。
  4. 退院に向けての支援
     退院後の医療・介護・福祉についてのさまざまな相談に応じます。
    また、老人福祉施設や介護福祉施設などの紹介をします。そして、在宅での生活を希望される患者様へは安心して在宅での生活が送れるように在宅で使える医療・福祉資源の提供と住環境の整備を行うための支援をさせて頂きます。

医療福祉相談業務

 病気や怪我をされると、さまざまな生活上の不安や心配事が生じます。

 地域連携室では、入院中または退院後の 経済的・心理的・社会的諸問題について、ご相談をお受けしております。ご相談を受けましたら、患者様やご家族さまと相談しながら、医療スタッフや各種機関・専門家と連絡をとって一人一人の課題に合った解決策を共に考えさせて頂きます。

連携医療機関一覧

(五十音順)