整形外科

診療科紹介

 整形外科とは、人体の運動器官の病気や外傷を取り扱います。背骨・手・足など、全身の運動器官を作り上げている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療します。
そして、整形外科の治療は病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的とします。
また、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行うのも、整形外科になります。

整形外科で診療している主な症状

  • 外傷(切り傷、すり傷、やけどなど)
  • 変形性疾患による首、肩、腕、肘、手、背中、腰、股関節、膝、足の痛み
  • 肩こり、首こり、むち打ち
  • 手や足などのしびれ、こわばりなど
  • 打撲、捻挫など
  • 骨折、脱臼など
  • スポーツによる障害や外傷
  • 交通事故、労働災害による障害や外傷

部位別の主な疾患

  • 全身(部位が特定できない)病気
    運動器不安定症、ロコモティブシンドローム、関節リウマチ、痛風、骨粗鬆症、変形性関節症、骨折、捻挫、しびれ
  • 首の病気
    頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、脊髄損傷
  • 胸椎(せなか)の病気
    胸椎椎間板ヘルニア
  • 腰の病気
    腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症
  • 肩の病気
    肩こり、翼状肩甲骨、五十肩(肩関節周囲炎)、肩腱板断裂、反復性肩関節脱臼
  • 肘の病気
    テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、変形性肘関節症
  • 手・指の病気
    ばね指、母子CM関節症
  • 股関節の病気
    変形性膝関節症、特発性大腿骨頭壊死症、大腿骨頚部骨折、鼠径部痛症候群、骨盤骨折
  • 膝関節の病気
    変形性膝関節症、半月板損傷、膝靭帯損傷
  • 足関節の病気
    足関節捻挫、足関節果部骨折(脱臼骨折)、アキレス腱断裂、肉離れ
  • 足・足指の病気
    外反母趾、成人期扁平足、内反足

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

 骨粗鬆症とは

「骨粗鬆症」とは骨の量が減り、質も劣化して、骨の強度が低下して骨折を起こしやすくなった状態です。 骨粗鬆症の初期には、痛みなどの自覚症状が現れにくく、骨粗鬆症が進むにつれて、背中や腰の痛み、背骨が曲がる、身長が縮むといった症状が現れます。
骨粗鬆症による骨折のために生活の質が低下したり、介護を受けたり、「寝たきり」の生活を送っている方もおられます。このような患者様を増やさないためには、骨粗鬆症の正確な診断と適切な治療を受けることが大切です。

原因

骨粗鬆症は原因によって大きく2つのタイプ(原発性・続発性)に分けられます。
「原発性(げんぱつせい)骨粗鬆症」は加齢や閉経、生活習慣などが原因のものです。骨粗鬆症の約90%にあたり、女性に多く認められます。「続発性(ぞくはつせい)骨粗鬆症」は特定の病気や、服用している薬が原因のものです。

低骨量を呈する疾患
原発性骨粗鬆症・閉経後骨粗鬆症
・男性骨粗鬆症
・特発性骨粗鬆症(妊娠後骨粗鬆症など)
続発性骨粗鬆症・内分泌性(副甲状腺機能亢進症、甲状腺機能亢進症など)
・栄養性(吸収不良症候群、胃切除後神経性食欲不振症、ビタミンAまたはD過剰、ビタミンC欠乏症)
・薬物(ステロイド薬、性ホルモン低下療法治療薬など)
・不動性(臥床安静、対麻痺、廃用症候群、骨折後など)
・先天性(骨形成不全症、マルファン症候群)
・その他(関節リウマチ、糖尿病、慢性腎臓病、肝疾患、アルコール依存症)

診断

X線写真と骨密度測定で診断します。これまでに骨折したことがあるかどうかも参考にします。

治療

骨粗鬆症治療の目的は、骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります。治療の中心は薬物治療になりますが、骨粗鬆症の発病には、食事や運動などの長年の習慣も深く関わっています。そのため、薬物治療とともに食事療法や運動療法も並行して行い、骨強度を高めていくことが重要です。

外来担当表

午前 田中啓吾
午後 田中啓吾 田中啓吾

医師紹介

田上記念病院 医師
田中 啓吾

【専門資格等】
日本整形外科学会 整形外科専門医

【所属学会】
日本整形外科学会

専門分野:整形外科
出身大学:兵庫医科大学

 整形外科は、生活の質に大きくかかわる科であります。骨折などの外傷や加齢性変化による変性疾患などにおいて治療技術は日々進歩し、整形外科疾患における生活の質は飛躍的に向上しております。
 リハビリテーションを通じ機能の回復を促すと共に残した機能を生かして日常生活を自立して行える様に周辺医療施設と連携して支援していく所存でおります。