脳神経内科

やさしく丁寧な診察と、わかりやすい説明を心がけています。

診療科紹介

 脳・脊髄・末梢神経・筋肉などの病気の診断と治療を行います。

 脳神経内科で診る主な症状には、もの忘れ(認知症、多発脳梗塞)、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、脳腫瘍)、手足のしびれ・脱力(脳卒中、多発性硬化症、頚椎症、運動ニューロン病、末梢神経障害)、ふらつき・めまい・歩行障害(小脳失調、脳卒中、パーキンソン病)、けいれん・失神(てんかん、脳出血)、ふるえ(パーキンソン病、本態性振戦)などがあります。このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。

脳神経内科の病気にはわかりにくい病気、難しい病気が多いので、患者さまにやさしい診療、丁寧な診察とわかりやすい説明を心がけています。

外来担当表

午前 ※園田 理子 ※濱田 陸三 中村 浩一郎
午後 ※園田 理子 ※濱田 陸三

※非常勤医師

医師紹介

医療法人春風会 理事長
田上記念病院 院長 中村 浩一郎

日本内科学会 会員 / 日本神経学会 会員 / 日本リハビリテーション医学会 会員 / 日本てんかん学会 会員 / 日本内科学会 認定医 / 日本神経学会 脳神経内科専門医

専門分野:脳神経内科・内科
出身大学:東京大学

 脳神経内科診療も時代とともに最新エビデンスが積み上げられ、どんどん常識と治療法が新しくなってゆきます。常に最新の知識とエビデンスをもとに実地診療にフィードバックをかけてゆく姿勢を忘れない様にしたいです。私の得意分野は脳血管障害等のcommon diseaseはもちろんの事、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病や脊髄小脳変性症等の変性疾患を中心に診療をしてゆきたいと思います。また脳神経内科の専門診療の中で忘れてならないのが認知症診療だと思います。初期の正しい診断から本人・家族への適切な助言、介護保険への適切な橋渡しの役割を脳神経内科医は果たしてゆかねばならないと感じています。最後に今後当院は脳波、神経伝導速度、誘発電位、筋電図等の電気生理学領域の充実を図ってゆき、てんかん診療や末梢神経障害・ニューロパチー診療も行ってゆきたいと思っています。

非常勤医師(五十音順)
・園田 理子・濱田 陸三