CYBERDYNE社のロボットスーツHALのデモンストレーションが行われました。

日時:平成28年12月27日(火)

時間:17:30~

場所:田上記念病院 リハビリホール

講師:CYBERDYNE社 松下氏

ロボットスーツHALのデモンストレーションが行われました。

ロボットスーツHALは、身体に装着する事によって装着者の身体運動を支援する機器です。

身体からの生体電位信号を読み取り、状況に応じて各関節に配置されたパワーユニットを

駆動させる事で装着者の下肢関節動作をアシストします。

神経筋難病、脊椎損傷、外傷性脳損傷等、脳・神経筋系に疾患のある運動器不安定症患者

に医療機器として注目を集めています。

研修会では、当院職員がHAL下肢用と単関節タイプを装着し、実際に歩行や関節運動を体験しました。

  今後のリハビリテーションでの機能訓練に活用予定です。

                          文責:リハビリテーション部 川上