医療設備

CT コンピューター断層装置

CT検査とは. CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)とは、X線を利用して身体の内部(断面)を画像化する検査です。画像処理を行うことにより、身体の細かな情報を得ることが可能です。

キヤノンメディカルシステムズ Aquilion Lightning Helios Edition

当院では超高速80列CTスキャンを導入しました。この装置は、同時に80断面(最大160断面)の画像を超高速(0.5秒/回転スキャン、50画像/秒高速再編成)で撮影することができ、またエックス線による被ばくを大幅に減らす機能を搭載しています。


胸部CT1
胸部CT1
胸部CT2
胸部CT2
胸部CT3
胸部CT3
頭部CT 1
頭部CT 1
頭部CT 2
頭部CT 2
頭部CT 3
頭部CT 3

今までのCTとの違い

  1. 高分解能と低被ばく、高速撮影を実現
    高精細0.5ミリスライス、かつ体軸方向には80列を配置し、マルチスライスヘリカルスキャンにより広範囲を短時間で撮影することが可能。高速撮影により、患者様の息止め時間の軽減が可能になるだけでなく、呼吸や体動によるモーションアーチファクトを低減し、より鮮明な画像を提供し「高分解能」「被ばく低減」を実現。
  2. CT検査を高効率化させる高速ワークフロー
    検査を受ける患者様の年齢や状態にとらわれず、安心感を高め、短時間での検査を可能にする。迅速、簡便なポジショニングを行えるよう、ガントリ開口径は780mmのワイド・ボアを採用。高速スキャンとの同時並行処理画像再構成により、バックグラウンドで高速画像再構成による処理を可能にすることで、CT検査に関わるすべての人に、ストレスなく検査全体のスループット向上を実現する。
  3. 専門領域や施設の特長に合わせた最適な臨床応用技術
    金属アーチファクトを効果的に低減し、金属周辺部の画質向上を実現するSEMAR™の標準搭載により撮影時間短縮、被ばくや造影剤の低減が可能。
  4. 画像解析ワークステーション
    CTやMRIなどの画像診断装置の急速な進歩により、画像解析は診断や治療方針の決定において非常に重要な役割を担っています。当院採用の画像解析ワークステーション(AZE VirtualPlace)では、CTやMRIなどから得た画像データを3次元的に処理し、解析することが可能です。高分析なボリュームデータを最大限に活用したCT解析・MR解析の一部をご紹介いたします。
    • 3D
      3DVR、MPR、MIPなどを作成する機能で、3Dカッティングや計測が可能です。
    • 体積測定(体脂肪解析)
      腹部CT画像から内臓脂肪・皮下脂肪を測定し、患者様に情報を提供するためのレポートを作成します。
    • 肺野LAA解析
      肺野の低吸収領域(Low Attenuation Area:LAA)(例:肺気腫など)を評価したレポートを作成します。
    • DTI解析
      MRIのDWI画像を基にトラクトグラフィを作成することが可能です。
      画像に合わせて表示することで、推定された神経走行との比較が可能です。
腹部イレウスCTウス
腹部CTイレウス
心臓コロナリーCT 1
心臓コロナリーCT 1
心臓コロナリーCT2
心臓コロナリーCT2
腹部造影CT①:マルチレイヤー
腹部造影CT②:MIP
右大腿骨頚部骨折①
右大腿骨頚部骨折②
右大腿骨頚部骨折③
DTI解析
内臓脂肪量測定結果表
LAA解析

MRI 磁気共鳴画像

MRI検査とは強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。

MRI Magnetic Resonance Imaging
東芝メディカルシステムズ EXCELART Vantage V9.51 1.5テスラ

MRIは、強力な磁石と電波の力を利用して、体の中の臓器をさまざまな方向から撮影することができる画像診断装置です。

造影剤を使わずに、神経、血管、靱帯などの細かな部位を描写することに優れています。頭から足先まで全身で検査でき、非常に精度の高い検査を行うことが可能で、病気の形態を描出するだけでなく、その詳細な広がりや性状の判断にも使用されます。X線による被曝もなく痛みも全くありません。患者様は仰向けの状態で寝ていただくだけの検査です。


頭部1
頭部1
頭部2
頭部2
頭部3
頭部3
頭部4
頭部4
肩
頸椎
頸椎
MRCP
MRCP
前立腺
前立腺
肝臓
肝臓
子宮・卵巣1
子宮・卵巣1
子宮・卵巣2
子宮・卵巣2
子宮・卵巣3
子宮・卵巣3
股関節
股関節
膝

検査の流れ

検査前に磁性体の有無をチェックします。

MRI装置からは大きな磁場が発生しています。磁場を乱すものを身につけていると画像が悪くなります。また安全のためにも、身につけている磁性体を検査前にチェックします。 ペースメーカーをつけた方は磁場の影響で、正常動作をしなくなる恐れがあるので、検査は出来ません。

  1. MRI装置の架台に入ります

    MRI 装置の架台の内部には強くて均一な磁場が常時発生しています。エレキバンの強さは1000ガウス前後ですがMRIではその15倍前後の15000ガウス近辺の非常に強い磁場が発生しています。寝台に乗って架台の中に入ると、強くて均一な静磁場が全身にかかることになります。

  1. 撮影(スキャン)をします

    MRIでは体内にある水素原子核から発生するごく弱い電波を受信して画像化します。ですから見たい部分に電波のアンテナを装着してから検査を始めます。撮影が始まると装置から「コンコン」という音がします。この音は、必要な断層像を得るために加えられる微弱な磁場によるもので、撮影中ずっと鳴り続けています。

  1. 画像を作る処理をします

    体内からの電波信号は、コンピュータによってデジタル画像に再構成されます。この時、病気の部分と正常の部分の水素原子核のふるまいの違いをコンピュータが画像の白黒として認識します。これがMR画像の成り立ちです。また必要に応じて処理を加えるなどして診断に役立つ様々な画像が得られます。

【検査でのお願い】

検査を受けられる患者様は、磁場の中での検査ですので金属類は取り外し、検査衣に着替えていただきます。検査中はベッドに仰向けに寝ていただき、身体を動かさないで下さい。呼吸停止の合図がある場合には、その声に従って下さい。体の中に金属がある方は検査前に必ずお申しつけ下さい。心臓ペースメーカーや刺青のある方は検査ができません。また、妊娠の可能性がある方も必ずお申しつけ下さい。

超音波検査装置

超音波を対象物に当ててその反響を映像化する画像検査法。

エコー ultrasonography, US echo
PHILIPS HD11 XE

超音波検査(エコー検査)は、高周波の超音波を使って体内をモニター上に画像化し、病気の有無や状態、胎児の成育状況などを調べる検査です。 エコー検査は、肝臓・胆道・膵臓・腎臓・消化管といったお腹の中の臓器全般から、心臓や血管・乳腺・甲状腺、関節・筋肉・腱など、肺や消化管内のように気体のある部分と骨の裏側以外の検査をすることができます。

超音波検査(エコー検査)は、とても安全な検査なので産婦人科の診察でお腹の中の赤ちゃんの発育具合を検査するのに使われていることは誰もがご存知だと思います。また超音波検査(エコー検査)は装置自体が小型でポータブルタイプの機械もあることから、病棟や診察室内のベッドサイドや手術室、救急の現場での検査も可能です。

ABI(足関節上腕血圧比検査比)検査

動脈の狭窄や閉塞を調べる検査

NIHONKOUDEN ECG-1350 (多機能心電計)
(株)エーアンドディ ABI-1004(血液脈波検査装置)

ABI(足関節上腕血圧比)検査は、足の動脈の狭窄や閉塞を調べる検査です。上腕と足首の血圧を測定し、比較することで動脈の異常を検出します。比率は、足首収縮期血圧を上腕収縮期血圧で求められます。ABIは低い値が出た場合、動脈硬化が疑われます。また、CAVIの値と併せて評価することで、血管年齢を測定することも可能となります。

内視鏡 気管支鏡検査

気管支ファイバー
OLIMPUS EVIS LUCERA CV-260SL

気管支鏡(電子スコープまたはファイバースコープ)は、肺や気管支など呼吸器の病気にかかった患者様にとって重要な器械で、気管支内を観察すると共に、組織や細胞を採取して正確な診断をつけたり(気管支鏡検査)、気管支が狭くなる病気の治療(気管支鏡下治療)に用いられます。

肺または気管支など呼吸器の病気を正確に診断するために、口または鼻からのどを通して気管支鏡(気管支ファイバースコープ)を気管や気管支の中に挿入して内腔を観察したり、組織や細胞、分泌物などの検体を採取する検査です。

上部消化管内視鏡検査

上部消化管ビデオスコープ
OLIMPUS GIF-XP260NS

内視鏡は、胃がん、食道がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、逆流性食道炎、ピロリ菌感染症といった良性疾患の診断・検査に有効です。口から内視鏡を挿入し、咽頭、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。

粘膜を直接観察できるため、内部の色の変化や細かい病気がよくわかります。当院では毎週火曜日(午前中)に内視鏡検査を行っております。検査は予約制となっておりますので、検査をご希望される方は事前に当院の外来看護師までご連絡・ご相談下さい。

検査の流れ

  1. 検査前日

    • 夕食は午後9時頃まで済ませていただき、以後食べないで下さい。
    • 夕食は硬いものを避け、消化のよいものを摂ってください。
    • 水分は就寝前まで適度に摂ってもよいです。
  1. 検査当日

    • 必ず朝食を食べないでご来院して下さい。
    • 高血圧のお薬を服用している方は少量の水で内服してご来院下さい。
  1. ご来院時

    • なるべくリラックスできる服装(着替えやすい服装)でご来院して下さい。
    • 胃カメラ検査実施後、ふらついたりしますので車でのご来院はできるだけ避けてください。
  1. 内視鏡室検査

    1. 胃の中をきれいにする水薬を飲みます。
    2. のどの麻酔薬を飲みます。
    3. 内視鏡室の検査台で左側を下に横向きに寝ます。
    4. 胃の動きを止める薬や鎮静剤を必要により注射していきます。
    5. マウスピースを口にくわえて頂き内視鏡を挿入していきます。
    6. 検査開始します。
    7. 唾液は飲み込まず口から外へ出します。
    8. ゲップはなるべく我慢して下さい。
    9. 検査実施時間は10分~15分前後で終了いたします。
  1. 内視鏡検査後の説明

    内視鏡検査後に症状の説明をいたします。症状に応じては後日以降ご説明することもございますのご了承お願いします。

【注意事項】

  • 検査前日、午後9時以降は食事を摂らないでください。水、お茶は飲んでも構いません。
  • 検査当日は、少しの水分は構いませんが、絶食で来院してください。
  • 服用されているお薬は、すべてお持ちください。
  • 服用中のお薬については、処方された医師の指示に従ってください。
  • ご希望で鎮静剤を使うこともできますが、その際は安全のため、お車の運転などはお控えください。